碓氷峠鉄道文化むら

もう少し、お出かけの話題が続きますが
ワタシの備忘録としてUPしておりますのでお付き合いくださいませ。

二日目は群馬県安中市の横川にある碓氷峠鉄道文化むらに行ってみました。

向かう途中で見えた妙義山。(道の駅「みょうぎ」から撮影)
近くで見ると随分ごつごつした険しい山です。Mさん、いつかはこの山にアタックですね(^^
b0178339_1750115.jpg

↑の妙義山の景色をあとにしてついた碓氷峠鉄道文化むら
信越本線高崎方面からの終点・横川(よこかわ)駅のそばにあります。
入り口はこちら
b0178339_17502093.jpg

オットと息子が昔訪れたことがありますが
話に聞いていたよりも規模が大きくかったのでびっくりしました。
しかも、昔活躍した車両がたくさん保存してあるのです。
b0178339_1815136.jpg

鉄道が趣味のオットの詳しいガイドつきで、何も語らない電車の歴史や仕組み
過去の活躍が見えてきて楽しかったです♪
b0178339_18392233.jpg

今は新幹線でビューンと行く長野ですが、
スキーに行くときに乗ったわが青春の特急あさまもいましたよ~・懐かしい(TT

碓氷峠の勾配がきついので各駅停車の電車も、特急もこの横川の駅に停車して
補助機関車を連結して峠を越したのです。
連結作業のために必ず電車がとまったので構内で売っていた「釜飯」を買いました。
窓の開く電車のときは売り子さんが窓口に来てくれたり・・・懐かしいですね。
b0178339_1757232.jpg

そして、お昼はもちろん峠の釜飯本舗おぎのやの釜めし。
場内におぎのやの出店があります。
b0178339_1759411.jpg

お座敷列車の中ではお弁当を広げて食べることもできます。
b0178339_18152165.jpg

こんな景色の中、澄んだ空気と一緒に食べると美味しさ倍増。
場内には家族連れや鉄子さんたちがたくさんいてそれぞれに楽しんでいましたよ。
b0178339_1804528.jpg

文化むらの先にある旧道を行くコースには宿場町や温泉などもあるので
いろいろ楽しめるみたいですよ。
[PR]
by tama_ajisai | 2012-10-10 19:04 | おでかけ | Comments(0)