みちのくの旅・・・最終日①(平泉・毛越寺など)

さて、旅の疲れというより、食べ疲れの出てきた私達。
最後の観光は、盛りだくさんでしたよ。

またしても早起きの中年夫婦。
8:30には、宿から車で10分ほどのところにある
達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)に到着。
坂上田村麻呂が創建された1200年以上の歴史あるお寺だそうです。
b0178339_1422164.jpg

じぇじぇじぇ!!何これ~!?(朝ドラの「あまちゃん」的ノリで)
中尊寺だけじゃない平泉。こんな凄いものもあったんだ!!
初めて見る光景に、びっくり仰天のワタシ。
b0178339_14223081.jpg

本堂の中で手をあわせ
外に出ると、断崖絶壁に彫刻された大仏
b0178339_13375084.jpg

遠めに見るとこんな感じ。誰がこの高さに彫刻したのでしょうね。
b0178339_13382223.jpg

さくっと、参拝したあと、次は、9時開門の毛越寺です。
これまた、ひと気もなく静かでした。
藤原元衡、秀衡が思い描いた極楽浄土の世界をのんびり散策です。
b0178339_13405053.jpg

本堂と、枝垂れ桜。
芭蕉の句・夏草や兵(つわもの)どもが夢のあと
義経終焉の地・高館(たかだち)ですが、直筆の句碑がこの地にあります。
  (写真、撮り忘れたけど、枝垂れ桜のあたりにあったみたいです。)
b0178339_13544449.jpg

焼失した建物があったらどれだけ見事なお寺だったのだろうと
その歴史的損失を惜しみながら、池の周りを歩きました。
b0178339_13575467.jpg

出島と池中立石。毛越寺庭園を象徴する風景
    震災で傾いたという石も修復されていました。
b0178339_1348242.jpg

世界遺産平泉、堪能いたしました。



しづか亭の朝食。
食べ過ぎの私たちの胃に優しいお味でした。
b0178339_1350194.jpg

達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)山門前の枝垂れ桜。
前日の風雨にも負けず、満開でした。
     萱葺きの建物は「御供所」と呼ばれる行事の仕度処。
b0178339_13511268.jpg

毛越寺
日本最古の鑓水。
b0178339_13524183.jpg

常行堂と鐘楼。桜がいい感じです。
b0178339_13465686.jpg

毛越寺のとなりにある観自在王院跡
ここも建物が焼失してしまったそうです。
舞鶴が池
b0178339_141952.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2013-05-07 14:41 | おでかけ | Comments(0)