『生誕100年 萩原英雄展』を見てきました。

今日は冷たい雨が降っています。

台風一過の翌日
山梨県立美術館で開催されている『生誕100年 萩原英雄展』を見てきました。

b0178339_14522815.jpg

  この方は、甲府の出身で、県立美術館には萩原英雄記念室があるのですが
  いつも常設展のついでに見られるのであまりにも身近すぎて、
  地元在住の画家だと思っていたワタシです。
  ・・・が、なんのなんの輝かしい業績をお持ちの版画家だったようです

180点もの作品が展示されていましたが、
版画の枠を超えた技法から作られた絵は見飽きることはありませんでした。

その中でも
25年の歳月をかけて完成させた富士山シリーズは素晴らしかったです。

 幼い頃、父親の転勤で山梨を離れ、朝鮮や満州で少年期を過ごした萩原にとって
 富士山こそが日本と自身をつなぐ心の絆だったそうです。
 富士山を描くのは必然的だったのでしょうね。

この展覧会の最後に展示されていた絵
   父生(あ)りし 母ありし また吾生(あ)りし 甲斐は山国 富士のある国
b0178339_14512756.jpg

両親への思い、ふる里への思いが痛いほど感じられ
涙なくして見ることはできませんでした。

久しぶりに心に響く絵を見ました。
   (2014年1/14~2/23 武蔵野市立吉祥寺美術館でも開催されます)

美術館のある芸術の森公園の紅葉はまだまだ
b0178339_1452552.jpg

いちょう並木の紅葉もこれから
b0178339_145374.jpg

今日の冷たい雨で紅葉が進みそうです。
[PR]
by tama_ajisai | 2013-10-29 15:18 | おでかけ | Comments(0)