イギリスのガーデンを巡る旅…感動のマナーハウス①

今回のツアーではロンドンとアシュフォードのホテルに宿泊したのですが
アシュフォードではマナーハウスに1泊しました。

マナーハウスついての知識が全くなかったワタシは
着いてびっくり、想定外の美しさに大興奮だったのです。
そんなわけで、2回に分けて感動をお伝えします。

   マナーハウスとは中世の貴族や地主が所有した館のことだそうで
   現在は宿泊施設として長期滞在などで利用されるらしい。

こちらが宿泊した「イーストウェルマナー」
中世にタイムスリップした感じ。
壁面の緑はヘンリーヅタ。秋の紅葉も見ごたえがありそう。
b0178339_15342612.jpg

しかし、私たちは、このお屋敷から歩いて3分ほどのところにある
コテージ?に泊まりました。1階が共有スペースで2階が居室になります。
こんな建物がいくつもあった。
b0178339_16250753.jpg
コテージからレストランのあるお屋敷に向かう。
これからディナーをいただきます。
b0178339_16501698.jpg
レストランは毎年、トップクラスの評価を得ているらしい。
フロントの壁に承認プレートなどがたくさん飾ってあった。
思うに、この数が一流レストランの証しなのでしょうね。
b0178339_17221094.jpg

レストランに入る前にバーカウンターで飲み物を注文
b0178339_17183075.jpg

チェルシーフラワーショーの時だけ
作られるというカクテルを作ってもらう。
きゅうりが入っていさわやかな味でした。
b0178339_17060328.jpg
そして、いよいよディナー。ナプキンがのっていたお皿。すっごくきれいだった!
お皿を拝見しながらお食事が運ばれるのを待つわけですね。とってもリッチな気分♪
     前日、ホテルの部屋でスーパーのお惣菜食べてたなんて言えないね(笑)
b0178339_17322096.jpg



メニュー
b0178339_17370456.jpg
b0178339_17064254.jpg

前菜:赤かぶとアスパラ。素材の味のみでシンプル
b0178339_17085826.jpg

お肉・パテみたいなクリーミーなお料理。
b0178339_17102783.jpg
おさかな…おいしかった。
    主菜はしつこくないし、それなりにおいしかった。
b0178339_17104020.jpg
デザートのチョコレートケーキもあったけど写真を撮り忘れた(><
少しだったので、お口直しに良かった。

ビールはなぜか日本のアサヒスーパードライだった。
(グラスの反対側にしっかり日本語で書かれてた)
ワタシたちが日本人だから?
それともスーパードライはインターナショナルなのか?
最後まで腑に落ちなかったなぁ。
b0178339_17125893.jpg
まだまだ続きます。






建物を背に正面の庭を見る
b0178339_15332527.jpg
私たちが泊まったコテージの入口。
b0178339_18083868.jpg
泊まった部屋は落ち着いたホテルって感じだったけど、
1階の共有スペースはリビング・キッチンになっているので
食材さへあれば、長期滞在ができるみたい。(ここにずっと宿泊したかったね)
b0178339_16413455.jpg
中庭の植栽もいい感じだった。
b0178339_18111977.jpg



[PR]
by tama_ajisai | 2014-06-26 18:01 | おでかけ | Comments(0)