信玄棒道を歩く

秋分の日も良いお天気でしたね。
県立八ヶ岳自然ふれあいセンターの企画の
フットパスなるものに参加してみました。
  (フットパスとは、昔からあるありのままの風景を楽しむ道)

職員の方がガイドをしてくださったのですが、
地図を片手に歩くと景色だけでなく、歴史、自然など
いろんなことが見えてきます。

甲斐小泉駅近くにある三分一湧水をスタートして
武田信玄が信濃攻略のために作ったと言われている棒道を歩きました。


棒道へスタート
  「右やま 左しなの」という道しるべ。
b0178339_16030429.jpg
集落をあとに山の中へ
武田信玄もここを通ったのだろうか・・?
     ガイドさんの後ろに20名くらいの参加者が続いております
b0178339_16432386.jpg
棒道の傍らには、一町ごとに36体ほどの石仏があるそうな。
道行く人は道中の安全を祈願したのでしょうか?
b0178339_16372764.jpg
せせらぎ・・・八ヶ岳山麓からの湧水かな?
       水が冷たくて気持ちが良かった。
b0178339_16160798.jpg
上を見ると・・・紅葉が始まっていました。
b0178339_16102144.jpg
せせらぎでひと休みして、もと来た道を戻りました。

帰り道に発見したもの・・鏝絵(こてえ)。
   テレビでは見たことがあるけれど実物は初めて!アートです。
   棒道周辺の集落では残っているらしい。
b0178339_16100962.jpg
2時間の散策でしたが、おなじみの観光地も視点が違うと
新しい発見があって実に面白かったです。
フットパス、はまりそうです。




[PR]
by tama_ajisai | 2014-09-25 17:30 | おでかけ | Comments(0)