梅干ができた

きょうは曇り時々晴れ。
蒸し暑くてじわ~っと汗が出てきます。

梅干が仕上がりました。
毎年、梅干を送ってくれた母が今年は高齢を理由に作らないとのこと。
なので、南高梅を買って漬けてみました。

漬けこんだときの写真を撮り忘れてたので天日干しからの写真です。

6月中旬に漬け込んでから1ヶ月。
樽の中で寝かせて柔らかくなった梅をざるに並べて、
土用過ぎの日曜日、天日干しをはじめる。
     1日に2回、梅をひっくり返してまんべんなく太陽があたるようにしました。

b0178339_15191851.jpg

土用の時期に3日3晩干すという記憶があるのですが、
陽射しが強いので2日2晩、火曜日の午前中で終了・完成!
  (夜は2階のベランダの軒下におきました)

b0178339_08035486.jpg

        果肉たっぷりのふんわり美味しい梅干のできあがり♪
        イギリスで買って来たモルドンの塩が良かったのか、
        まろやかな味に仕上がりました。

b0178339_14120545.jpg

意外と美味しいので来年はもっと作ろうと思う。






 材料:完熟南高梅(3L)3kg。塩600g弱。(母が作った)塩漬けの紫蘇。焼酎700ccくらい。
                塩はイギリスで買って来た王室御用達モルドンの塩を使用。
    
    漬物用樽、中蓋、重石(3kgと1.5kg)

 漬け込み期間:6月中旬から土用の頃まで
 
 作り方:1・梅が届いてから室内で2~3日新聞紙に広げ追熟させた。
     2・香りたってきたら、水洗いし、水気をきる。
     3・漬け物樽に焼酎をふって消毒する。
     4・樽に、梅→焼酎→塩→紫蘇→梅・・の順に3~4回に分けて入れる。
         梅には焼酎をまんべんなくふりかけること。
         焼酎はカビ防止のためにも、ひたひたになる程度入れる。
       重石を乗せ、ふたをして涼しいところに置く。
     5・水が上がってきたら3kgの重石をとる(2日め)
     6・水がたっぷり上がったところで1.5kgの重石をとる(4日め)
     7・浮かし漬け状態で1ヶ月保存。(5日目~土用)
         ※時々、カビが発生していないかチェックする。(焼酎が多いのでカビは出なかった)   
     8・土用になったらざるに梅と紫蘇を並べ2日2晩(状態によっては3日)天日干しして完成。
         ※ 1日2回梅をひっくり返して全体に日が当たるようにする
         ※ 熱湯消毒した保存びんに入れて涼しいところで保管。

[PR]
by tama_ajisai | 2015-07-29 15:29 | ごちそうさま | Comments(0)