京都女子旅③:清水寺から高台寺

お腹がいっぱいになって、パワーアップした私たち。
2時ごろから午後の観光スタート。
階段を上り下りつつ、またしても歩く、歩く、歩く~。

まずは京都観光の定番・清水寺
ここにも人・人・人・人・・
今度は本堂参拝をきちんとしましたよ(^^v

もちろんご朱印もいただく。
毎年の漢字を書く貫主のあられるお寺らしくご朱印を書く方々も達筆でした‼
b0178339_18012817.jpg

清水の舞台を見上げる。 日本て木の文化なんだな~ってしみじみ思う。
上から修学旅行の高校生たちが手を振っています。
(自分自身、修学旅行で来たはずなんだけど・・この景色記憶にないのだ)
b0178339_18013686.jpg

清水寺をあとにして高台寺へと向かう。
三年坂を経て、寧々の坂。雨が降り出しました。
b0178339_18055762.jpg

高台寺到着~。
豊臣秀吉の妻、ねねが秀吉を弔うために建てたお寺です。
清水寺の混雑が嘘のような静寂。
         (写真の女性は外国の方・・なかなか動かないので一緒にぱちり。スミマセン)
b0178339_18011999.jpg


b0178339_17551390.jpg

縁側に腰を下ろし、暫しお庭拝見。
お寺の職員さんによると、紅葉シーズンには、観光客が押し寄せ
縁側に座るどころか、立ち止まることができないくらい混み合うそうです。
         紅葉には早かったけど、良い時期に訪れたみたいです。
b0178339_17545909.jpg

強い雨の中、参拝者もまばら・・傘を差しながらのんびり庭園を歩き
b0178339_18094014.jpg

高台寺のそばにあるねね終焉の地圓徳院
貸し切り状態の方丈の縁側に座って庭園(南庭)を眺める。

b0178339_18453909.jpg

北庭:ここでも縁側に座ってまったりと暮れゆく庭園を眺める。
   一日の疲れが出て、みんな動けない~~(><
そうこうしているうちにライトアップが始まる。
同じ景色でも、雰囲気が変わります。紅葉の時期はさぞや美しいのだろうと思う。
b0178339_17552913.jpg

高台寺、圓徳院参拝後、時間がなくなってしまいスケジュールをはしょって
夜の宴席『まそほ・京都店』へタクシーで向かう。

   おしゃべりに夢中になっていたのでお店の写真はありませんが
   獺祭を飲みながらいただいた網焼きのおさかなと銀シャリがおいしかったです。
   本日の珍道中を肴にお腹の皮がよじれるくらい笑った、笑った♪♪

こうして長~い1日は終わったのでした。
2日目へ続く・・・




高台寺、圓徳院の庭はねねの想いを反映したような優しい庭で
山野草が随所にあって、癒されました。

高台寺にて
雨に打たれて首を垂れるホトトギス
b0178339_18144117.jpg


圓徳院にて
可愛らしいツワブキの花
b0178339_18094730.jpg



[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-06 22:36 | おでかけ | Comments(0)