2017年 10月 06日 ( 2 )

松島と奥松島

3日目。旅の最後です。

朝食会場のレストランからの松島湾の景色です。
前夜の雨で雲海が広がっています。
ホテルの食事は朝夕バイキング。おいしかったです。その辺は、次に続きます。
b0178339_16541306.jpg

事前にチェックアウトをして荷物をクロークに預け、
また、ホテルのシャトルバスに乗って松島湾へ。

まずは、9時出発の遊覧船に乗って松島の島めぐり。50分の松島湾周遊コースです。
欲張って一番前の席に座ったものだから、写真がうまく撮れなかった(><
とりあえず、良く撮れたと思うものをupします。

松島湾周遊、出発! 雲ひとつない良いお天気です。
b0178339_18211601.jpg

二つの島は・・千貫島? 説明をよく聞いていなかったので内容はわからず。
b0178339_17290747.jpg

仁王島 : なるほど・・仁王さまに見えなくはない。
b0178339_17293783.jpg

鐘島:波によって浸食され4つの洞門があります。
船のガイドさんの「穴が4つ見えたらシャッターを押してください‼」
の言葉だけが記憶に残っています(^^;
b0178339_17594809.jpg

多分、デッキにいたほうが美しい景色を堪能できたのではないかと思った。

松島湾の島めぐりのあとは、船着き場の向かいにある瑞巌寺へ向かいます。
震災の2年後に訪れたときには杉の茂った参道でしたが、その後、津波の塩害の影響が出て
杉が枯れてしまったそうです。そのかわり新しい苗が植えてありました。
いまだに、津波の爪痕が残っていて・・フクザツな気持ちになった。
b0178339_17300716.jpg

前回、訪れたときは修復工事で見ることができなかった本堂。
今回は中に入って、国宝級の襖絵を堪能してきました。実に素晴らしかったです!
b0178339_17323441.jpg

松島海岸の観光を終えて、またシャトルバスでホテルにもどる。お世話になりました。
b0178339_17473048.jpg

最後の観光地は、オットが学生時代によく訪れたという奥松島です。
松島海岸から車で30分ほどのところにある松島湾を見下ろす大高森展望台に行きました。
標高105m、駐車場から500m。20分で頂上。
数字だけ見たら訳ないじゃん!と思ったけど・・・これがかなりの急こう配。
前日の山寺に続き、またもや登山。大腿筋がピクピク言ってます(><

やっと登り詰めたところにこの景色!お~・絶景!
対岸(松島海岸)の喧騒とは裏腹に、ここは静かな漁村という感じで、ホッとします。
b0178339_17483302.jpg

こちらは、大高森に来る途中の海岸。
津波の被害があったところ。護岸工事が行われていました。
b0178339_17484246.jpg

展望台には私たちを含め3組の夫婦がいるだけ。
お弁当を広げるご夫婦がいました。
この景色を見ながらほおばるおにぎりは最高だろうなぁ。
b0178339_17484712.jpg

この景色を目に焼き付けて、今回の旅が終わりました。
あとは東北道→圏央道→中央道をひた走り・・夜8時30分に帰宅。

ついでとはいえ、思い立ったが吉日。出かけて良かった。オットに感謝、感謝です。

[PR]
by tama_ajisai | 2017-10-06 22:58 | おでかけ | Comments(0)

松島:円通院

山寺の次は一路、松島へと車を走らせます。
宿泊するホテル松島 大観荘へは2時ごろ到着。
チェックイン後、ホテルのシャトルバスで松島海岸へ。

初めて訪れる円通院
伊達政宗の孫にあたる光宗の菩提寺で、オットおすすめの美しい庭園があります。
瑞巌寺のとなりにあるのですが、3時過ぎということもあって人も少なく静かでした。
山門をくぐると美しい石庭がありました。
b0178339_10512734.jpg

赤い番傘と緋毛せんの縁台。
とってつけたようなアイテムだけど庭園を引き立てています。
石のそばのフウチソウも素敵でした。
b0178339_10565713.jpg

↑の裏側にまわってみると・・あ~、紅葉だったらどれだけ美しいことか(ザンネン)
b0178339_10572728.jpg

境内の奥へ進むと光宗の霊廟、三慧殿があります。
国の重要文化財になっていて、すぐそばで写真撮影もできますが、
苔むした庭園も素敵なので遠目に撮影してみました。
b0178339_11210130.jpg

霊廟から杉林へと進んでいくとサラシナショウマが咲いていました。
最近、山歩きをしないので久しぶりに見ると新鮮です。
b0178339_11255251.jpg

お寺さんにしては似つかわしくないバラ園があります。
なぜ、バラかというと
支倉常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が三彗殿の厨子に描かれています。
ということで、当時の偉業の象徴としてバラ園が造成されたそうです。
日本最古の洋バラがあるそうですが、多分、右側の濃い赤だと思う。
b0178339_11011157.jpg

墓地の入口は、手入れの行き届いたバラのアーチになっています。
こんなところで永眠できたら幸せだろうな~って思いました。
墓石は震災で倒れ、新しく建立されたと思われます。
b0178339_11014196.jpg

庭園を散策して最後に本堂前のという形の池のある庭園に出ます。
b0178339_10524184.jpg

本堂。茅葺屋根が禅寺らしい落ち着いたたたづまいです。
瑞巌寺のすぐそばにこんな素敵な庭園が広がっていたとは・・紅葉の時期に再訪したい。

b0178339_10335206.jpg

五大堂を見学して、また、ホテルのシャトルバスに乗って大観荘に戻りました。
五大堂のある島が夕日を浴びて美しく輝いていました。
b0178339_16340896.jpg

2日目の観光はこれでおしまい。
3日目もありますのでお付き合いくださいませ。


More
[PR]
by tama_ajisai | 2017-10-06 16:36 | おでかけ | Comments(0)