タグ:バラ ( 140 ) タグの人気記事

モッコウバラが満開!

今日は爽やかなお天気です。
庭のモッコウバラがこぼれんばかりの満開になりました。
去年までウンともスンとも言わなかったのにやはり地植えにすると違うのですね。
植え替えの様子
とっても幸せなtama_ajisaiです♪♪
b0178339_18243268.jpg

虫もつかず手間いらず。なんて良い子なんでしょう(^^v
ほんのり甘い香りもするんですね。
b0178339_17555110.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2010-05-09 18:30 | 花と葉もの | Comments(0)

きょうは曇り空。雨も降ってきてなかなかすっきりしませんね。

毎年、バラの新芽が出るころからバラゾウくんとバトルを
繰り返していた私でしたが・・・
今年は強力な助っ人登場! バラの虫ホイホイ~!
      すでにお使いの方もいらっしゃいますね^^
花友さんから頂いて4月上旬にバラの茎にくるりと貼りつけたら
いまのところダメージセロです。
b0178339_17211452.jpg

ネバネバしたところに早々とひっかかったアリンコ?
他のところでは小さな青虫やチュウレンジバチもはりついてました。
b0178339_17222478.jpg

b0178339_17394553.jpg

すごい威力です。花友さんありがとう(^0^)/

斑入りの葉が美しいヘルシュレン
成長とともに葉っぱに白い斑が出てきました。病気じゃないですヨ(笑)
b0178339_1723382.jpg

サマースノー
ここに植えて3年目。やっとアーチの上まで伸びてきました。
向こう側の成長の遅いバラはフェリシア
b0178339_1724212.jpg

いよいよバラの季節ですね♪
[PR]
by tama_ajisai | 2010-04-20 18:13 | 花と葉もの | Comments(2)

ちょっと小松ガーデンへ

昨日は頭痛、肩こりが起きる前に笛吹市にある小松ガーデンにクレマチス(白万重)のつるを
這わせるトレリスなどをリサーチに行っていたのです。

趣味の園芸などでもおなじみのバラ苗研究家・後藤みどりさんのバラ苗専門店ですね。
我が家から車で20分くらいのところにあるので思い立ったら
すぐにいけるのでちょっと幸せ気分に浸れます♪
b0178339_21455968.jpg

     この日は後藤みどりさんのツルバラの誘引と選定の講習会があって
     県外ナンバーの車も含め駐車場は満車でした。

春の新苗がずらりとならんでいました。
特にラプソディー・イン・ブルーは人気品種のようでたくさんありました。
そしてガーデンの奥には通販で注文された方々の名札がついたバラ苗が
た~くさん並んでいました。
b0178339_21462784.jpg
 
なんとなくここの雰囲気が好きです。それにしても元気なカレックスだこと!!
b0178339_2147182.jpg

結局、何も買わないで出てきたのですが、素敵なウィッチフォードの鉢やグッズを見て
目の保養もして帰って来ました。
     (お店の壁にはどんなバラが咲くのでしょう♪)
b0178339_221713.jpg

ところで白万重のつるは・・・どうしましょうかね!?  去年の11月の様子
b0178339_21433861.jpg


【追記】私は小松ガーデンの営業ではないのですが(笑)
去年5月に訪れたときの様子をブログにアップしてありますのでこちらご覧くださいね。我が家から車で30分でしたね(^^;
[PR]
by tama_ajisai | 2010-03-15 22:26 | おでかけ | Comments(6)

モッコウバラの植え替え

きょうは日中の気温が20.9℃。4月中旬の暖かさだったそうですね。

今日はかねてより地植えにしたかった白いモッコウバラを動かしました。
ウィンドブレーカーを着て庭仕事をはじめたのですが暑いくらいでしたね。
しかもスッピンでいたものだから日焼けしたみたいで顔がヒリヒリ。
   面の皮はかなり厚いのですが、年のせいか皮膚が薄くなったような・・・(笑)

いつも安物買いのワタクシなんですが・・・
このモッコウバラはHCで処分価格で売っていた小さなものを
買ってきたのですが、4年目でこんなに大きくなりました。(ちょっと自慢)
これを一人で動かして植え替える私・・・怪力の持ち主なのですね(^^;
b0178339_20521160.jpg

手前のバラ「恋心」やミニバラを鉢に堀りあげてモッコウバラを
オベリスクごと移そうと考えました。
      恋心さんご苦労様でした。ちょっとどいてね。
b0178339_2115219.jpg

先日、「趣味の園芸」でバラ研究家の後藤みどりさんが
鉢から根鉢をはがすのに園芸用ナイフを使っていました。
あると便利そうだなぁと思って見ていたのですが、まさかすぐに必要になろうとは!
そこでワタクシ・ひらめきましたよ!!
パンナイフ」があるじゃん!!
これがいい感じでサクサクっと切れるんです。お試しあれ
   え?ナイフはそのままパン用に使ったのかって?
   いえいえ。我が家はごはん党なのでほとんど使わないのですね。
b0178339_20532912.jpg

根鉢がはがれてもなかなかひっこぬけないと思ったら
案の定根っこがはみ出して地中に根をはっていました。
b0178339_21281079.jpg

30センチくらいの深さまで掘ったら雨水を流す配管がでてきました。
こんな状況でもバラはうまく根を張ってくれると思います。
b0178339_205756100.jpg

自家製のふかふかの土とバラ用の肥料をすきこんで、とりあえずこんな感じに収まりました。
見苦しいので枝を巻きなおさなければいけないなぁ。
b0178339_2059477.jpg


今日の小鳥ちゃん・・・元気ですよ。(名前の候補が最終段階にはいりました)
手に乗ると動かないものだから写真とりまくりです。
でも、この子は右側のたまよりも落ち着いてます。b0178339_2152244.jpg b0178339_21521926.jpg
[PR]
by tama_ajisai | 2010-02-09 22:24 | 花と葉もの | Comments(6)

みなさん同じ書き出しかなぁ?なんて思いながら・・・
大寒の今日、各地でポカポカ陽気だったそうですねぇ。
この陽気に誘われて?近所のコタツ大好きのワンちゃんが珍しくお散歩していました。

こんな日は庭仕事も楽ですよねぇ。
私は昨日の続きのツルバラの誘引をしました。

アーチのサマースノーをこんな風に誘引しました。
b0178339_2155941.jpg

柔らかくて刺がないので思いっきりためをきかせて・・・
マチスの絵のように柔らか~い曲線を描きました。なぁんてね♪
毎年『こんなもんでいいのかなぁ?』って悩みながら誘引しているんです。

ずーっと勢いが良かったスィートアリッサム
枯れた株元を良く見ると木質化しています。
b0178339_2110235.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2010-01-20 21:44 | | Comments(4)

恋するミニバラ

秋バラがチラホラ咲いています。

恋心・四季咲き・立性
今年は何度も立ち位置をずらしたので花つきが悪かったのですが
ソフトボール大の大輪のバラは人目をひく華やかさがあります。
派手なバラが欲しかった初心者のころ購入したものです。
b0178339_2275520.jpg

ミニバラのマザーズ・デイ・上の写真の足もとに写っています。
色は白なんですが、なぜか、時々ピンクになってしまうのです。
上の大輪のバラに恋心を抱いて自然交配しているみたいです(^^)
b0178339_2271474.jpg

こちらはお気に入りのフェリシア:四季咲き・半つる性
ちょっとお疲れモードの花姿ですが、良く咲いてくれます。
淡いピンク色に心和みます。
b0178339_22102675.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2009-11-09 22:35 | 花と葉もの | Comments(4)

今日は友達の家のお片づけの手伝いに行ってきました。
  「これはいらない」「あれはこっちの方がいいね」なんていいながら
   スムーズに片づいて、我ながら役に立ったかなぁと自己満足(^-^)

ところが自分の家になると「これはとっておこう」「邪魔だけど・・ま、いいか」
ということで、片づかないのよねぇ~っていうか・できない!(>_<)
   将来を考えてシンプルな生活を心がけようと改めて思った次第です。

雨だったので、お天気の日に撮った花達を・・・
満開のバラマチルダ:本当に花つきが良いです。
b0178339_16472081.jpg

いつの間にか、こんな姿に・・・
美的センス抜群のコガネムシがいたのかなぁ?アートです。恐れ入りました!!
b0178339_16504494.jpg

ローズマリー・ミスジェサップ:シソ科・耐寒性強
イギリスで昔から栽培されている種類とか。
細葉でスカイブルーの花が楚々としてきれいです。
b0178339_16574462.jpg

ダリア・ミッドナイトムーン キク科・非耐寒性球根(多年草)
黄色は苦手なんだけど、銅葉に惹かれてHCで半額の苗を購入しました。
b0178339_16594868.jpg

   うちの庭はヨトウムシのパラダイス。
   地植えにすると美味しい花はあっという間に食べられてしまうので
   鉢植えにしました。
   非耐寒性だから・・・冬は鉢のまま軒下におけばいいのかなぁ?
[PR]
by tama_ajisai | 2009-09-30 18:36 | 花と葉もの | Comments(0)

昨日の台風はそれほどの影響もなく過ぎて良かったです。
 
ちまたでは、民主党旋風が吹き荒れ、
2学期の始まった学校ではインフルエンザに対する警戒ムード。
なんだかあわただしい9月のスタートですね。

今朝はピース(ツつるバラ・四季咲き)の2番花が咲いていました。
   このバラは、某所で拾った枝を挿し木したので、
   かわいそうなほど愛着がありません。大輪で黄色・好みではなかったのですね。
 でも、見慣れてくるとふわっと優しい色あい。「これもありかなあ。」
 ということで、今年やっとワタクシの中で折り合いがついたのです。
b0178339_20485881.jpg

剪定を間違えたのか花のつかない茎がぐんぐん伸びてます。
本当にひどいでしょ?来年は何とかしてあげなくちゃね。
b0178339_20492767.jpg


今日、図書館で借りてきた
「アンネ・フランクのバラ」 アンネの意思を受け継いだひとびと
という本にこのピースとアンネの奇遇な関係が書いてありました。
b0178339_20494436.jpg

アンネのバラはロザリアンの方々には周知のところですが
  このバラの母親はレーヴ・ドゥ・カプリ
       父親はシャントクレア
  まず、母親の親木がハーバート・フーヴァー
      1929年に就任したアメリカ大統領名前がついたバラで
      この年は、アンネ・フランクが生まれた年なんです。
  次に、父親の親木がこのピース
      1945年に「マダム・アントワーヌ・メイアン」という名前で発表されたのですが
      その際、第2次世界大戦でドイツが敗北し、戦争とユダヤ人迫害の終結を意味する
      ベルリン陥落を記念してピースという名前で登録発表されたそうです。

というわけで、ますます、このバラに愛着を持ち大切にしなければと自覚したわけです。

ちなみにアンネのバラはベルギーの園芸家ヒッポリテが旅先でアンネの父親に
出会ったことがきっかけで生まれたバラだそうです。
アンネがバラが好きだったことと、彼が、アンネの勇気と日記に深い感銘を受けていたことが
相まって「アンネ・フランクの形見」と名づけてアンネに捧げたのだそうです。

この本を読んで、
改めて、人類はみな平等であり世界が平和であることをしみじみ思う初秋の夜です。
            
[PR]
by tama_ajisai | 2009-09-01 22:02 | 花と葉もの | Comments(0)

今朝も爽やかで、植物たちも深呼吸しているような感じがしますね。
バラもまた元気に咲き始めています。

ヘルシュレン:四季咲き
   花が開いたときの中心がポテッとしていてかわいいんですよ。(昨日)
b0178339_7302764.jpg

   こちらが満開(今朝)
b0178339_781335.jpg

プリンセス・オブ・ウェールズ:四季咲き
   この子は休むことなく次から次へと清楚な花を咲かせています。
b0178339_735746.jpg
           
昨日、開花していたヤマユリ
   こぼれダネでごっそり増えて、いまや雑草のように引っこ抜く始末。
   欲しくて道端から連れてきたんだけど、こうなると・・・フクザツ。
b0178339_7311939.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2009-08-21 07:47 | 花と葉もの | Comments(2)

 きょうも良い天気~♪ 紫外線が肌を刺す~♪ !??  アイタ・タ・タ・(><)
ちょっと外に出ると夏休みの子どもみたいに真っ黒になってしまうので、
これからの季節、長袖に帽子、えりまきタオルは手放せません。

ヘルシュレン/四季咲き・中輪
b0178339_14304454.jpg

昨年、斑入りの葉に魅かれて購入しました。
咲き始めはピンク・ピンクしていて、ちょっと好きじゃないけど・・・
咲き進むにつれてやさしい色になります。
花びらのないときには葉っぱだけでも美しい。庭のアクセントにもなります。
 (とはいえ、うちの庭には、やたら斑入りの植物が多いのですが・・・?)

つるサマースノウ /つる性・一季咲き
b0178339_1424853.jpg

うちに来て4年目。
小さな花がたくさん咲くらしいのですが、なかなか庭に馴染めず
虫ちゃんたちと戦いながら何とか花を咲かせてくれるけなげな子です。
トゲもなく枝が柔らかいので扱いやすい。

サマースノウ(手前)とフェリシア(奥)b0178339_14393676.jpg




アーチの両サイドに
植えてあります。

正面から撮りたいのですが、
アーチを覆い尽くすほどでは
ないので、今年はこの辺に
しておきましょう。












アーチへと続くアプローチ
b0178339_1502670.jpg


花ともさんに庭の改造を手伝ってもらい
縁どりに、ほふく性の植物などいろいろ植え込み素敵な小道になりました。

今はこの子達が元気。
左がリシマキア・オーレアとセラスチウム
右がこぼれダネで増えたスィートアリッサムとワスレナグサ
[PR]
by tama_ajisai | 2009-05-13 15:51 | 花と葉もの | Comments(0)