先日、汐留にある紅葉の名所浜離宮恩賜庭園に行ってきました。
  青春時代に行ったような気がするのだけれど・・記憶にない(・・?

徳川家→皇室→東京と守り継がれている由緒正しき庭園をのんびり散策してみる。
紅葉も始まり、常緑樹の緑とのコントラストがきれいでした。

可愛らしいツワブキの花
b0178339_14361690.jpg


冬じたくの松。
b0178339_14362971.jpg


惚れ惚れするようなモミジ
b0178339_14373127.jpg

この池は東京湾の海水を引き入れた「潮入りの池」というのだそうですが
潮の満ち引きによってどんな風景になるのでしょう。
b0178339_14374881.jpg

松の枝に落葉した桜の葉っぱ
b0178339_00055636.jpg

美しい樹形のナナカマド・・・さすが恩賜公園、剪定が行き届いています。
日のあたり加減によって色づきがこんなにも違う。
写真では表現しきれないくらい鮮やかでした。
b0178339_00130605.jpg

鴨が泳ぐ池にふわりと舞い降りた優美なシラサギ
連れの友、しれっとつぶやく・・『あら、ワタシのようよ。』
『え・え~⤴??』マジ?(乙女の頃は・・そうね、あんなスタイルだったわね)
昔と変わらぬ清廉潔白な心を持つ友の化身みたいです(^^v
b0178339_23292265.jpg

日本庭園の造形の美しさと風情に魅了されつつ・・秋ならではの趣に癒されました。
忙しい中、一緒に歩いていくれた友に深~く感謝のtama_ajisaiでした(^^v
b0178339_14465130.jpg



More
[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-23 06:45 | おでかけ | Comments(0)

天竜寺界隈を抜けて、嵯峨野へと向かう。
歩いてみたかった竹林の道。なぁるほどぉ。
意外と長い道のり、写真のつきあたりを右に曲がってもまだ続く。
  御多分にもれず、ここも午後には外国の人たちでごったがえしていた(@@

b0178339_14132128.jpg

まずは、常寂光寺
山門を抜けて仁王門が見えてきます。

b0178339_15040192.jpg

仁王門を抜けて、小高い山を登るがごとく、勾配のきつい階段を上る。みんな健脚で良かった(^^
苔むした庭の風情がとっても良かったです。
b0178339_15052560.jpg

境内から・・眼下に京都市内が望めました。それまでの曇り空が嘘のように晴れ間が広がる。
b0178339_15033311.jpg

常寂光寺から落柿舎へ
どこにでもありそうな田舎の風景なんだけど、なんとなくいい雰囲気。

b0178339_15024581.jpg

落柿舎のご朱印が素敵♡という情報があったので、見学もせずご朱印のみいただく。
b0178339_15025430.jpg

2通りとも素敵だったので、2枚いただく。
いいでしょ~⤴(^^v

b0178339_14522092.jpg

ここまでくると観光客は私たちのほかに3組ほど。静寂そのものです。
苔むした庭園・・・苔、好きだわ~
b0178339_15125826.jpg

b0178339_15052518.jpg

紅葉はまだまだ先のようでしたが、これが真っ赤に色づいたらどんなに素敵なのだろう。
b0178339_15060351.jpg

静寂のなかに水の音。
b0178339_15061312.jpg


行きにスルーした二尊院参拝。立派な総門です。
b0178339_15062418.jpg

ウマが駆け抜けられることができるほど広いことから「紅葉の馬場」といわれているとか。
紅葉の時期は見ごたえがあるのだろうな~。
b0178339_14462757.jpg


最後に、渡月橋を渡る。
桂川沿いから見たほうが良いのでしょうが、時間がなかった(><
             人力車を引くお兄さん休憩タイムみたいです。
b0178339_22383040.jpg

2日目は半日観光でしたが、またしても汗ふきだしながら(^^;
ひたすら歩いて7か所踏破!お寺さんには失礼なくらいサラッと参拝。

  振り返れば『まずはご朱印!』って感じで、スタンプラリーのような旅になってしまい
  もう少しのんびり歩けばよかったな~と反省。

脚力、体力勝負の女子旅はこれにておしまい。
この年になっても一緒に旅のできる友達、気持ちよく送り出してくれる家族に感謝感謝です。

ということで、
tama_ajisaiの思い出にお付き合いくださった皆様ありがとうございましたm(_ _)m




Mor
[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-09 15:39 | おでかけ | Comments(0)

京都女子旅④:嵐山

京都2日目。
朝、7時。朝食バイキングを済ませホテルに荷物を預け嵯峨野へ向けて出発!
前日の疲れなどなんのその~‼(年のせいか、疲れは翌日に出ないだけなんだけどね)

9時前に、嵯峨嵐山駅到着~。
朝が早いので、混雑もなくて静かでいい感じでした。

まずは天竜寺にある高源寺の特別公開を拝見。
庭師さんたちが開門前の庭の手入れに余念がなかった。
b0178339_15521250.jpg

ここは蛤御門の変で長州藩士が試し切りなどをした傷跡が柱に残っていて
時空を超えた事実に遭遇してビックりしました。
履き清められたこじんまりとした石庭
b0178339_15571561.jpg

この日は法堂で行事があるため、有名な加山又造の雲竜の天井画の公開がなかった。
ザンネン。
b0178339_15535218.jpg

夢想国師作の庭園。
11月も中旬ともなれば、背景の山や庭園の紅葉が水面に映し出されて
きれいなんだろうなぁ~。
b0178339_15534334.jpg

天竜寺の隣り、この時期だけ公開されている宝厳院の庭園。
訪れる人がいなくて・・通りの喧騒が嘘のようです。

b0178339_16132507.jpg

苔むした大きな岩とモミジ・・あ~紅葉が見てみたかった。

b0178339_16012680.jpg

マンリョウ。この仕立てかたうちの庭でも取り入れよう。
  となりの照明ライトがお邪魔と思ったけど、
  スターウォーズの<R2D2とC3P0>のようです(^^v

b0178339_16253862.jpg

笹の穂先で作られた垣根。ほうきが並んでいるのではないですよ♪
風情があります。

b0178339_16043605.jpg

季節限定で公開されているお寺は必見ですね。
できればライトアップのお庭、見たかったです。
b0178339_16223715.jpg

嵯峨野へ続く~、もう少しお付き合いくださいませ。

[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-08 16:40 | おでかけ | Comments(2)

お腹がいっぱいになって、パワーアップした私たち。
2時ごろから午後の観光スタート。
階段を上り下りつつ、またしても歩く、歩く、歩く~。

まずは京都観光の定番・清水寺
ここにも人・人・人・人・・
今度は本堂参拝をきちんとしましたよ(^^v

もちろんご朱印もいただく。
毎年の漢字を書く貫主のあられるお寺らしくご朱印を書く方々も達筆でした‼
b0178339_18012817.jpg

清水の舞台を見上げる。 日本て木の文化なんだな~ってしみじみ思う。
上から修学旅行の高校生たちが手を振っています。
(自分自身、修学旅行で来たはずなんだけど・・この景色記憶にないのだ)
b0178339_18013686.jpg

清水寺をあとにして高台寺へと向かう。
三年坂を経て、寧々の坂。雨が降り出しました。
b0178339_18055762.jpg

高台寺到着~。
豊臣秀吉の妻、ねねが秀吉を弔うために建てたお寺です。
清水寺の混雑が嘘のような静寂。
         (写真の女性は外国の方・・なかなか動かないので一緒にぱちり。スミマセン)
b0178339_18011999.jpg


b0178339_17551390.jpg

縁側に腰を下ろし、暫しお庭拝見。
お寺の職員さんによると、紅葉シーズンには、観光客が押し寄せ
縁側に座るどころか、立ち止まることができないくらい混み合うそうです。
         紅葉には早かったけど、良い時期に訪れたみたいです。
b0178339_17545909.jpg

強い雨の中、参拝者もまばら・・傘を差しながらのんびり庭園を歩き
b0178339_18094014.jpg

高台寺のそばにあるねね終焉の地圓徳院
貸し切り状態の方丈の縁側に座って庭園(南庭)を眺める。

b0178339_18453909.jpg

北庭:ここでも縁側に座ってまったりと暮れゆく庭園を眺める。
   一日の疲れが出て、みんな動けない~~(><
そうこうしているうちにライトアップが始まる。
同じ景色でも、雰囲気が変わります。紅葉の時期はさぞや美しいのだろうと思う。
b0178339_17552913.jpg

高台寺、圓徳院参拝後、時間がなくなってしまいスケジュールをはしょって
夜の宴席『まそほ・京都店』へタクシーで向かう。

   おしゃべりに夢中になっていたのでお店の写真はありませんが
   獺祭を飲みながらいただいた網焼きのおさかなと銀シャリがおいしかったです。
   本日の珍道中を肴にお腹の皮がよじれるくらい笑った、笑った♪♪

こうして長~い1日は終わったのでした。
2日目へ続く・・・


More
[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-06 22:36 | おでかけ | Comments(0)

今日から11月。今年も残すところ2か月ですね。
先日、京都に1泊2日で出かけていました。

昔お勤めをしていた会社の同期8名の元気な女子旅です。
お題は『人生の節目を京都の料亭で祝う会』
でしたが・・ふたをあけたら、体力勝負のハードな行程になって
お題改め『体力お試し&ご朱印の旅』 ドタバタ大笑いの旅でした。

東京駅を6:47出発だったので京都へは9時頃到着。
今宵のお宿・駅の真上にあるホテル近鉄京都駅に荷物を預けて
まずは電車で稲荷へ

スタートは伏見稲荷大社
テレビや写真で見る千本鳥居を目指していざ!
朝から人でごった返していた。

b0178339_18151409.jpg

みんなこの朱塗りの鳥居をくぐりたかったのです
ものすごい人だったけど、偶然にして人がはけて連なる鳥居が撮れました。
b0178339_18143596.jpg


頂上まで鳥居は続くみたいでしたが、まだまだ行くところがあるのでここでUターン

b0178339_18091601.jpg

伏見稲荷名物?おもかる石に挑戦。
持った時に軽いと感じると願いが叶うとか?
若い子たちは悪戦苦闘していましたが、おばさんたちは子育て・介護で鍛えた腕力で
軽々持ち上げる~(^^v みんな願いが叶ったかな?

b0178339_18241973.jpg

みんなでご朱印をいただいてから、次なる目的地東福寺へ。
タクシーで移動予定だったけど、駅が近かったので電車で移動することに。
しかし、時間を調べていなかったので駅で20分の電車待ち(時間のロス発生!)
ここからドタバタ旅が始まる。

東福寺駅から歩くこと10分強。東福寺着。
目の前を歩く観光客のあとをついて行ったのでどこをどう歩いたのか??

まずはガイドブックに必ず掲載されている通天橋を目指す。(↓この橋ね)

b0178339_18094430.jpg
そして通天橋から庭園を見ると・・・ザンネンながら紅葉にはまだ早かった(><
時間が押してきたので庭園散策省略。

b0178339_18095291.jpg
ここでもご朱印をいただいて・・しかし、ご本堂の正面がわからない。
ここで本堂探しをしたら祇園の料亭の予約時間に間に合わない~(@@
東福寺様ごめんなさいと頭を下げてお寺を出る。

b0178339_22121896.jpg


お寺の人がタクシーよりも電車のほうが確実に祇園に行けるというので東福寺駅まで猛ダッシュ!
電車出発2分前に駅到着。セーフ!みんな汗噴き出しまくり、心臓バクバク。
日頃の運動不足を実感し、こんなところで走るとは思わなかったワ~と大笑い。

次は、料亭です。


[PR]
by tama_ajisai | 2016-11-01 23:09 | おでかけ | Comments(0)

蓼科バラクラ

急に秋めいてきた先日、花友さんと蓼科バラクラに行ってきました。
おりしもハーベストフェスティバル
ウィークデイにもかかわらずセレブレッティな団体さんが押し寄せておりました。

b0178339_08551866.jpg

このところ足が遠のいていたバラクラ。
なんかね、昔からするとゴチャゴチャ植え込みすぎだし、団体さんも多くて・・・
正直なところ興醒め=行きたくないなぁ~のモードになっていたのです。

でも、気になっていた・・いわゆるアンチ巨人みたいなもの(^^;

やっぱこの雰囲気はバラクラらしくていいと思う。
b0178339_08555499.jpg

キャベツとコケモモの寄せ植え・・素敵でした。
b0178339_08534223.jpg

今年は雨が多かったのか、それとも球根の植え込みの数を減らしたのか
ダリアのてんこ盛りがなくて、かえってナチュラルで良いと思った。
b0178339_08540758.jpg

b0178339_09325474.jpg

b0178339_09323734.jpg


大好きな日陰のコーナー  ホッとします。
b0178339_08583654.jpg

ここは草花のないこの時期がいいね。
白樺の足元で鹿さんもまったり(^^
b0178339_09463210.jpg

定点観測
b0178339_08535569.jpg

午後の柔らかい日差しの中でダリアが優しく微笑む。
b0178339_09330236.jpg


b0178339_09324539.jpg


アフタヌーンティーとコーヒーでひと休み。
澄んだ空気、秋の気配も語らいに花をそえる。
b0178339_08533510.jpg


久しぶりの訪問でしたが、昔のバラクラにちょっとだけ戻ったような・・・     
   とはいえ
   あいかわらずの団体さん向けの拡声器でガイドは、品がなくていただけい。
   営業とはいえ、静かにお茶を飲んでいるそばでやめてよって感じ。

keikoさん、素敵なひと時をありがとうございました。


[PR]
by tama_ajisai | 2016-10-11 09:49 | おでかけ | Comments(0)

週末、山中湖の塚原邸のオープンガーデンにまた行ってきましたよ。
今回は、エネルギッシュなkeikoさんが一緒です。

先月、行った時はバラの咲き始めでしたが今回はピークがちょっと過ぎていたみたい。
でも、元気に咲いているバラがたくさんありました。
b0178339_16334179.jpg

b0178339_14410608.jpg

先月はバラの咲いていなかったアーチもバラが咲いているのできれいでした。 
b0178339_13495303.jpg

バラを引き立てるように宿根草もたくさん咲いていました。
色鮮やかなゲラニウム
b0178339_11522830.jpg

バラよりも背の高いマカリトリア!
b0178339_13531434.jpg

ボリジのブルーもきれいだった。
ちょうちょがお食事中。
b0178339_14014516.jpg

木陰のトラノオ
b0178339_14375164.jpg

足元にさりげなくあったジョウロ。
同じさび色の三つ葉に埋もれて・・素敵すぎ~♪
b0178339_14421981.jpg

バラだけでなくこんな風景も・・足元には斑入りイワミツバ(エゴポディウム)
右の赤いベルガモットはこれからですね。
b0178339_16230949.jpg

バレリーナのようなフクシアたち
エレガントなドレスに身を包み『花のワルツ』を踊っているようでしょ♪
b0178339_14223316.jpg

今回はお昼をはさんで一日、美しいガーデンに居座ってしまった私たちでした。
  偶然とはいえ、ガーデンメッセで一緒に勉強をした方達にもあえて
  ハンギングバスケットの話で大盛り上がり。楽しかったわ~♪

訪れている間、ず~っと、休むことなくガーデンの手入れをなさっていた塚原さん・・
そんな草花に対する愛情の深さあっての美しいガーデンなのですね。(見習わなくちゃと思います)
ありがとうございました。
b0178339_11515807.jpg

お昼のランチもあとでupします。


[PR]
by tama_ajisai | 2016-07-04 16:54 | おでかけ | Comments(2)

風の丘しいある

先週の軽井沢レイクガーデンのほかに、もう1つガーデンを見てきたのでUPします。
それは、以前から気になっていた佐久にある
「ローズガーデン&レストランカフェ・風の丘しいある」

ここはイギリスのシシングハーストキャッスルをモデルに作られたガーデンで
当初はメアリーローズガーデンという名称だったけど、2009年に閉園になり、
2012年に、軽井沢の自然を守るNPO法人しいある倶楽部によって復活したそうです。
(なかなか手が回らないらしく、調整中の場所もありました。)

正面入口。
この建物を抜けるとガーデンが広がります。
b0178339_18285961.jpg

シシングハーストキャッスルをイメージした塔
  (おととし行ったイギリスのシシングハーストキャッスルの様子はこちら
雨が降っていたのでイギリスの空模様みたいでした。
b0178339_14173883.jpg

塔(5階建て相当)へは階段で上ります。
屋上からガーデンを眺める。
ボーダーガーデンとツゲで間仕切りしたガーデン。
なるほどイギリスの庭園様式だ~。
b0178339_00240834.jpg

こちらはレストラン。
b0178339_00463914.jpg

塔を降りて、傘を借りてガーデンを散策。
雨のせいか・・バラが終わっていたせいか・・来園者は私たち夫婦だけ。
プライベートガーデンの気分でした。

ボーダーガーデン(かな?)。
ガーデンの一番上から佐久平が一望できます。
b0178339_00293457.jpg

ボーダーガーデンを下から見ると、緩やかな傾斜地になっているのがわかります。
オットが『冬になったらそりができそうだな』とポツリとつぶやく。
はぁ~??って思ったけど・・いいかも(^^;
b0178339_00352824.jpg

ボーダーガーデンにあった看板。
そうそう、人生いろいろあるよね。
b0178339_00305455.jpg

バラのピークは過ぎていましたが、まだ頑張って咲いているバラたちも♪
b0178339_17432856.jpg

傾斜地なので階段を下りるごとに景色が変わります。
b0178339_18360117.jpg

イギリスのガーデンの雰囲気たっぷり。
b0178339_00252252.jpg

b0178339_00261838.jpg

レストラン前の中庭。
長野の山野草などが植え込んでありました。
b0178339_14184642.jpg

建物の陰でひっそりと咲いていたクレマチス・白万重
b0178339_00260979.jpg
軽井沢レイクガーデンの見どころ満載のガーデンからすると
ちょっと物足りない気がするけれど・・味わいのあるガーデンでした。
  コーヒー(丸山珈琲)は美味しかったよ。






[PR]
by tama_ajisai | 2016-06-28 18:52 | おでかけ | Comments(0)

萌木の村いろいろ

昨日は表彰式で舞い上がっていたので、萌木の村の写真が少なかった(><
なので、6/10の写真をUPします。

この日は雲ひとつない八ヶ岳ブルー・快晴!
 (自他ともに晴れ女の異名をとる花ともさん、さすがです!)
b0178339_10474647.jpg

これは・・農機具の部品?
オブジェみたいでいけてます。
b0178339_10544032.jpg

コンテナの作品は広場横の通路に展示されています。
b0178339_10542670.jpg

b0178339_11112707.jpg

ハンギングバスケットが展示されている石垣の上の植栽。
透けるようなゲラニウムの青がきれいだった。
b0178339_11054590.jpg

ちょっと日陰に入ると、ポールスミザーさんが作業をしていました。
萌木の村の植栽が完成するまで数年かかるらしい。
b0178339_10534151.jpg

ここからは、昨日の写真。
b0178339_10353392.jpg

会場には八ヶ岳方面の生産者の苗が格安で販売されていたり
工芸品のお店もあって、楽しく過ごすことができます。
昨日は花友さんもいないし、冷静なオットがいっしょだったので
買い物スイッチ入らず、少しだけ苗を買ってきただけ(^^;
b0178339_10243291.jpg

ホールオブホールズでオルゴールとマリンバのコンサートを聞きいたりして・・。
早く帰るつもりが、なんだかんだと半日、萌木の村に滞在。

最後に小腹がすいたので、ROCKのビールとソーセージをいただいて帰りました。
コンテストが終わるとホッとします。

b0178339_23202138.jpg


[PR]
by tama_ajisai | 2016-06-13 12:10 | おでかけ | Comments(2)

昨日、山中湖の塚原邸のオープンガーデンに花友さんと行ってきました。
 萌木の村にも行ったのですが、明日も行くのでそちらのほうは後日upします。

去年よりもさらに充実したガーデンは見どころ満載!
見ごたえがありました。

フロントガーデン
山中湖の自然がそのままのような雰囲気・・大好きです。
b0178339_18010385.jpg

ガーデンに入ると、目の前に歴史を感じるパーゴラがあります。
苔むした地面と大きな寒河江・・いいですね~。
b0178339_18133495.jpg

パーゴラの下・・ベゴニアのコンテナと多肉の寄せ植えがありました。

b0178339_16575766.jpg

こちらのパーゴラは、ポールズヒマラヤンムスク?
満開の時、ここでひと休みしたら癒されるのでしょうね。
b0178339_18170748.jpg

どちらに行こうかな?
不思議の国のアリスの気分♪
b0178339_18213312.jpg

小道ごとにいろんな景色が広がります。
b0178339_17010637.jpg

ギボウシが素敵すぎ♪
b0178339_17071653.jpg

真紅のバラ・・・ロサモエシーゲラニューム
b0178339_17271256.jpg

何連にも連なるバラのアーチ
b0178339_17013670.jpg

手のひらサイズのクレマチス。
ひらひらと風に揺れる姿がエレガントでした。
b0178339_17054604.jpg

ブルーと白で統一された小道
ゲラニウムの大きいこと‼
b0178339_17074941.jpg

ニゲラ・・群生させたいね。

b0178339_17061659.jpg

テラスに絡む野バラ・・秋のローズヒップもきれいでしょうね。
いろんなところにガーゴイルがいて、ガーデンを守っています。
b0178339_17081910.jpg

オープンガーデンは金、土、日。10:30~16:00。7/3(日)まで。
山中湖平野にある6番入口・野鳥の小道から入ると
ポイントごとに看板があるのでわりと簡単に行けます。
これからが見頃のようです。
[PR]
by tama_ajisai | 2016-06-11 18:38 | おでかけ | Comments(2)