カテゴリ:おでかけ( 570 )

和のしつらえ

先日、甲府の住宅地に新しくオープンしたばかりの
文化サロン『ののはな』さんのお披露目会に伺いました。

先々代が旅館として、こだわりを持って建築されたという建物を
新たな文化の発信基地としてサロンに改装されたそうです。

著名な造園家が手掛けたという前庭だそうです。
時間なかったので、改めて拝見したい。
b0178339_18093525.jpg

玄関ホールにあった生け花
華道家のオーナーによる和のしつらえが随所に見られる落ち着いた空間。
b0178339_18431827.jpg

カフェコーナー
抹茶などちょっとしたお茶がいただけるそうです。
b0178339_18093065.jpg

現在展示されている知人の画家さんの絵とオーナーの生け花とのコラボ。
各部屋に飾ってありました。
b0178339_18091640.jpg

b0178339_18092212.jpg

秋の野花・・風情があります。
b0178339_18231760.jpg

あまりにも素晴らしい造りだったのでどこをどう撮ったらよいものか・・・
感動しすぎて、館内の写真はありません(><

とりあえずこれまで。

静かな住宅街にひっそりと佇む趣のある建物でした。
b0178339_18120809.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2018-09-21 19:22 | おでかけ | Comments(0)

笛吹市青楓美術館へ

数日前まで、肌寒かったのに、また、夏に逆戻りのような陽気ですね。
とはいえ、空気は澄んで、秋の気配です。

先週、笛吹市にある青楓(せいふう)美術館に行ってきました。

美術館ボランティアの活動でご一緒させていただいている方の作品展が、
開催されているのでお仲間さんたちと行ってきました。

b0178339_15593156.jpg

スマホで撮ったので写真がいまひとつですが・・ご本人さまの了解を得たのでupします。
作者の中島さんは、お仕事をなさっていた頃から油絵を描いておられ、
7年前から似顔絵を描き始めたそうです。(かなりの腕前のようです)
今回は、選りすぐりの70点が展示されています。

はがきサイズの用紙に、各界の著名人の顔が描かれており、フレームもご本人の手作りです。
b0178339_14291329.jpg

肖像権の関係で似顔絵の下に名前を付けることができないそうですが
特徴をとらえているので、よくわかりましたよ(^^v
ご一緒した方たちとじっくり鑑賞しました。
中島さん、素敵な時間をありがとうございました。

♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ ~♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ ~ ♪ 

青楓美術館について
美術団体二科会の創設に関わった津田青楓の作品が常設されています。
パリに留学し、親交のあった夏目漱石の小説の装丁なども手掛けたそうです。

こちらが、青楓美術館の建物。一瞬、入っていいのかな?って戸惑う。
大きな木製のドアを開けて入ると・・・学芸員の方がいます(^^
美術館について丁寧に説明してくださいます。
この小さな建物の中に、目を見張るような作品や資料が展示されていてびっくりしました。


b0178339_14282938.jpg


笛吹市青楓美術館
山梨県笛吹市一宮阿知北野呂3-3 ℡.0553-47-2122
休館日:月曜、祝日の翌日(お昼時は休み時間で閉館していることもあるようです)
入館料:大人300円、大・高校生200円、小・中学生100円
こちらが青楓美術館のHPです。

皆様、山梨にお越しの節は、是非、足をお運びください。
一見の価値ありです!


[PR]
by tama_ajisai | 2018-09-18 16:35 | おでかけ | Comments(0)

猛暑の中

しばらく残暑が続くみたいです。
皆様、覚悟のほどはいかがでしょうか?

昨日の猛暑の中、ガーデンメッセの教室に行ってきました。
お盆明けの涼しい日に、暑さも峠を越したかと思って教室の予約を入れたのに
まさか、あんな猛暑になろうとは・・・びっくりです。

そんな中でも従業員の方たちは汗だくで仕事をなさっていました。
園芸店で働く人たちの体力は凄い!

こんな日に教室に来る人はいないだろうと思って行ったら
ワタシを含め5人も来ていました!これまたびっくりです(@@

店内の涼しい場所で製作をしましたが、苗は屋外、炎天下。
ムワ~っとする暑さにクラクラしながら苗選び。
久しぶりに作った寄せ植え。好きな苗をバンバンと入れました。
パープルファウンテングラスが乱れてる~
(ペチュニア、スカビオサ、ケイトウ、パープルファウンテングラス、ヤブラン、アルテルナンテラ)

b0178339_16090779.jpg

へこたれそうな生徒のために苗売り場を行ったり来たりして下さる土谷先生。
先生ありきの私たち・・・感謝感謝でございますm(_ _)m

もう一つ作った寄せ植え(左下)・もったいぶった撮り方
素敵なハンギングバスケットのお陰でおしゃれ感UP(^^v
b0178339_16085430.jpg


[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-27 17:02 | おでかけ | Comments(0)

お盆休みが終わりましたね。
皆様いかがお過ごしになられたのでしょうか?

さて、新潟の旅・番外編です。
長岡花火の前日に宿泊した十日町にある
あてま高原リゾートホテルベルナティオのガーデンが素敵だったのでupします。

正面玄関に通じる車寄せのふちどりに、センニチコウが約10mに渡って植えてありました。
カラフルな草花よりもナチュラルでいい感じでした。
自然と調和したリゾートホテルらしい植栽です。

b0178339_15555939.jpg

ガーデン入口。
アガパンサスやアカンサスモリスが元気に咲いていました。
b0178339_16263878.jpg

池に向かう通路の両側に宿根草や一年草がたっぷり植栽されていました。
緩い傾斜地になっています。
b0178339_15301651.jpg

降りきったところに水遊びができる広い池がありました。
夕方なので、人けもありませんでしたが、気持ちの良い空間です。
b0178339_15335077.jpg


池に背を向けて歩いてきた道を振り返る。
高木の配置がアクセントになっているように感じました。
b0178339_16050391.jpg

まさにナチュラルガーデンです。
手入れが十分されているのでしょうね、猛暑の中、生育状態が良いです。
b0178339_16045537.jpg

通路の交差点。
暑くなければ(本当に暑かった)、通路ごとの景色を楽しみたい。
季節ごとにどんな花が咲くのか気になります。
b0178339_15480945.jpg

ハマナスのローズヒップ・・これから楽しめますね。
バラは多分、このハマナスだけだったと思う。環境に適したバラです。
b0178339_16051429.jpg

フロックスとルドベキアの組み合わせ。花色といい形といい・・うまいな~♪
b0178339_16044203.jpg

草むらでかくれんぼができそうです。
b0178339_16053431.jpg

風になびく萩の群生。
青空、流れる雲・芝生に寝転んで空を仰ぎたい気分になった。(けど、暑い!)
b0178339_15553981.jpg

このガーデンのコンセプトがありました。
恵泉女学園がデザインされたガーデンだったのですね。
なるほど納得!素敵な訳です♪

b0178339_15450383.jpg

絵画のような風景に感動!
b0178339_16055195.jpg

翌朝、ホテル・新館前のガーデン
涼しいのでアナベルの花首がしっかりしていてきれいでした。
b0178339_16172187.jpg

見れば見るほど味わい深く素敵なガーデンで、離れがたかった。
また、季節をかえて行ってみたいと思います♪


※ホテルの写真などは、撮り忘れてしまったけれど、
ファミリールームだったので、超!居心地が良かった。
温泉も良かったし、地元の新鮮な食材を使ったお料理、とっても美味しかった!

[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-17 17:55 | おでかけ | Comments(0)

新潟の旅4日目、最終日です。
長岡花火の余韻に浸りながら、宿泊地の越後湯沢をあとにした私たち。
途中、津南町を観光しながら、帰ることにしました。

津南町のパンフレットにあった見どころ数か所に立ち寄りましたが、
名水百選にもなっている龍ケ窪はとっても良かったです。

自然林の中にある小さな沼でしたが、
エメラルドグリーンに輝く水面に感動しました。
b0178339_14570876.jpg

森の景色がなんの淀みもなく映し出されていました。
左手前はミズバショウですが、なんと、1mもある大きな葉があって
この沼の水の豊かさを感じました。
b0178339_14563677.jpg

浅いところでは湧き水の様子が見られます。
ここは、毎分30トン、日量43,000トンもの水が湧いていて、
約1.2ヘクタールの沼は1日で水が全て入れかわることになるんですって!
b0178339_15464980.jpg

鏡のような水面に映った青空が眩しかった。本当にきれいだった。
b0178339_14564527.jpg

沼の周りに自生する植物の種類も多くて、じっくり眺めながら歩くと
なかなか前に進めないくらいでした。
とっても気になった赤い実?花?。これは、なんの木だろう?
b0178339_14562707.jpg

お昼は、山あいの集落でみつけた大きな古民家のお蕎麦屋さん
大平に入りました。
広々とした店内は、田舎の親戚のような雰囲気でくつろげます。

2人分ですが、
へぎそばは、こしが強く食べ応えがありお腹いっぱいになりました。
手作りのお豆腐の味は普通。

b0178339_16162086.jpg


津南からは、山あいの国道を走り長野県の飯山インターから高速道路に入り、
7時ごろ帰宅しました。

長岡花火&新潟観光も2回目になると、
懐かしいふるさとに帰省した気分になります。
新潟・・いいところです。
花火のために3か月前から手配をしてくれる友だちと
ドライバーのオットに感謝、感謝です。
また、来年(^^ /
b0178339_17550604.jpg

私の長~い旅の思い出話に、おつきあい下さってありがとうございました
(ちょっとだけ続きがあります)


[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-11 17:20 | おでかけ | Comments(0)

3日目、旅のメインイベント長岡花火の日です。
宿泊地のあてま高原リゾートを出発し越後湯沢に向かいます。
(あてま高原はとっても素敵だったので後ほどUPすることに)
待ち合わせまで時間があったの、南魚沼市にある雲洞庵へ立ち寄りました。

ここは苔の美しい禅寺で、新潟を訪れるたび足を運んでいます。
b0178339_17323647.jpg


ワタシの好きなモミジ。
地を這うようにのびる木。
豪雪の重みに耐えぬいて生きるたくましさとしなやかさを感じる。
b0178339_17120311.jpg

↑のモミジ越しに本堂を見る。
木の傾き具合、とっても風情があります。
b0178339_17342242.jpg

本堂と苔むした仏様

b0178339_17172884.jpg


建物の2階から本堂を眺める。
モミジに遮られて見えないけれど、紅葉の時期はさぞや美しいのでは・・
b0178339_17142100.jpg

モミジが色づき始めていました。
b0178339_17174356.jpg

静寂そのもの
秋に、また訪れたいと思う。
b0178339_17152927.jpg

お昼、越後湯沢の友だちのお店で美味しいランチをいただく。
あ、また写真撮り忘れた~(><

そして、夕方、みんなで長岡花火へと向かいました。先日upしたこちらから。

[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-10 17:51 | おでかけ | Comments(0)

美人林を後にした私達、次の目的地清津狭に向かいました。
温泉街の手前にある無料駐車場に車を止め、徒歩2~3分ほどで、清津峡渓谷トンネル入り口につきます。

昔は、清津川沿いに遊歩道があってその景色を楽しめたそうなのですが、
崩落や、昭和63年に落石で死者が出るなどして通行止めになってしまったそうです。
しかし、地元や観光客から、なんとか見られるようにしてほしいという要望があったため
平成8年にトンネルが完成し、渓谷美の一部が見られるようになったそうです。

そして、平成30年にリニューアルして自然と現代アートのコラボが実現したそうです。
ここは、大地の芸術祭の会場で、作品名:ライトケーブです。

でも、なんのことかよくわからず・入場料を払って疑心暗鬼でトンネルに入る。
構内に入ると下界の猛暑がうそのような冷涼感。ホッと一息。
全長750m。この先に何があるのか・・ドキドキ、ワクワク。
b0178339_14050504.jpg

トンネルの途中に明るいスペース(見晴所)が3つありました。
そのうちのひとつ・・ここもアートか?

b0178339_14110483.jpg

手すりのほうに進んで、下を見ると・・
清津川と特徴ある岩崖(柱状節理)が見られます。絶景!
b0178339_14040211.jpg


そして、さらに進むこと数百メートル。
行きつき止まりにこのトンネルの人気スポット、パノラマステーションがありました。

一応、リサーチしてイメージはあったけれど・・
信じられない景色に驚きと感動で、言葉が出なかった。

b0178339_17303772.jpg

30センチほど高床にしてある一面に湧き水が張ってあり、
トンネル内側にはステンレス板が貼ってあります。
外の景色が内部空間に映しこまれ、半円であった外部の風景が
完全な円として光のトンネルを映し出される仕掛けになってます。
自然とアートの合体とでもいうのでしょうか?

訪れた人は、みな感動し、歓声をあげていました。
みなさん、裸足になって、冷たい水につかり、思い思いのポーズをとってパチリ。
いわゆるインスタ映えですね。

b0178339_14094263.jpg


↑人がたっているところから、峡谷を見る。
ちゃんと透明のパネルがあって、落ちないようになってます。
いやはや絶景です!この先にはもっと絶景があるらしいけれど、ここまでです。
b0178339_17275186.jpg

感動のあまり、離れがたく30分も滞在して、もと来たトンネルを戻る。
第2見晴所にあったマジックミラートイレは、写真を撮らなかったけど、
中に入って、峡谷美が見られるアート作品だったようです(あ~見ておけばよかった)

とにかく行く先々、大地の芸術祭の作品が見られるので、
もう少し、リサーチしておけば楽しめたのではないかと思う。でも、それには日数が足りない。


[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-10 16:08 | おでかけ | Comments(0)

旅の2日目です。

宿のおいしい朝食をたっぷりいただいて、9時、十日町に向けて出発です!
まずは、ブナの木立が美しいという美人林へ向かいます。

その途中、道の駅まつだいがあったので何となく立ち寄ってみると・・。
出かける前に、新聞で目にしていた大地の芸術祭の会場だったのです。
(3年に1度、十日町と津南の里山に繰り広げられる現代アートの祭典らしい)
芸術祭は全く予定していなかったので、偶然とはいえ見ることができて幸運でした♪
↓の作品は常設なので芸術祭にかかわらず、いつでも見られるみたいです。

花咲ける妻有(つまり):草間彌生
b0178339_15273856.jpg

棚田:イリヤ&エミリア カバコフ
b0178339_15275037.jpg

かまぼこアートセンター:小沢剛
b0178339_15284992.jpg


芸術はもちろんでしたが
鉄ちゃんのオットは、ほくほく線を見ることができて、ホクホクしていました(笑)

草間彌生の作品と電車のコラボ・・オット作
b0178339_10441193.jpg

松代の駅前は、大地の芸術祭を目的とした海外からの団体ツアーの方たちや、
芸術祭鑑賞のための巡回バスに乗る人たちでにぎわっていました。
b0178339_10434138.jpg

芸術祭の雰囲気を味わいつつ、目的の美人林へ
ブナの林は人も少なくて静かでした。
b0178339_15294068.jpg
ちょっと残念だったのが、
市の観光案内などに紹介されていたきれいな池が見当たらないのです。
暑さのせいで枯渇したのか、泥の池になっていました(TT

空を仰ぐ・・森林浴です。
b0178339_16263580.jpg

次の清津狭へ向かう山あいにも大地の芸術祭の作品が点在し、
必ず、鑑賞している人がいて、この芸術祭の規模の大きさと知名度にビックリしました。

数日かけて芸術祭を鑑賞すると、この地域をもっと理解できたと思う。
また、3年後、行きますか⁉



More
[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-09 17:23 | おでかけ | Comments(0)

林泉寺の次は、車で3分ほどのところにある春日山神社へ
ウィークデイにかかわらず観光客がいましたね。

神社への階段。
身延山久遠寺の287段の階段よりは楽でしたよ。
b0178339_16283353.jpg

階段を登りきると・・神社ならではの静寂がひろがります。
b0178339_16532713.jpg

参拝後、上杉謙信の居城跡、春日山城跡へ登ることに・・
城跡へはお社の右裏手からのぼりました。

b0178339_16424454.jpg

杉木立の道は、それなりに整備されていて意外と歩きやすかった。
とはいえ登山です。結構、きつかった。
気温が高いので汗だく。途中の写真を撮る余裕もありませんでした。

歩くこと15分?くらい。本丸跡到着!かなりの高さ(標高180mとか)
山城なので、復元された立派なお城があるわけではないのです。
上杉謙信も家臣も、はては人質になった真田幸村も・・・
この地に立ったのかと思うと感慨深い。
b0178339_16395182.jpg

眼下に頸城(くびき)平野。上越市を見下ろす。左手には日本海。
その昔は、遥か彼方まで緑の平野が続いていたのでしょうか?
b0178339_16494836.jpg

暫し、謙信の時代に思いを馳せつつも・・
暑いので、二の丸や三の丸跡などを回らずに、来た道を下山しました。

神社の境内にうっすら色づくモミジ。
b0178339_16245144.jpg

春日山神社の御朱印
謙信を象徴する『義』の文字が入ってます。
b0178339_16552728.jpg

暑さを理由に上杉謙信の史跡巡り終了(本当に暑かったのよ~@@)


[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-08 18:02 | おでかけ | Comments(0)

さて、旅の思い出を順番に振り返っていきます。

旅の一日目は、中央道→長野道→北陸道・・ひたすら上越を目指します。
新井PAに隣接する道の駅にある『きときと寿司』でお寿司を食べました。
(写真、撮り忘れました)

昼食後、新井PAスマートインターを出て15分ほどで
上杉謙信ゆかりの地・春日山エリア到着。

まずは謙信の菩提寺、春日山林泉寺(かすがさんりんせんじ)へ。
駐車場に着いたのがお昼時。
営業車が2台、木陰で昼休み中。観光客はいませんでした。


立派な山門
b0178339_15150328.jpg

御朱印をいただくために宝物殿へ。
識者と思わしきご高齢のおじさまが、書いて下さるのですが・・
『この暑い中、よくおいでくださった。』
『謙信公もさぞや喜んでおられるでしょう』
と、何度も何度も言いながら、展示物の説明をしてくださいました。
どこで、御朱印帳を渡そうかと思いながら、話に耳を傾ける。
懇切丁寧な説明が終わり、御朱印帳をお願いして、謙信のお墓へ~

近年、再建されたという本堂
b0178339_15140949.jpg

本堂わきの苔むした階段を上ると・・・
b0178339_15532501.jpg

上杉謙信公のお墓がありました。
標柱がなければ気がつかないほど・・ひっそりとたたずむ。合掌
b0178339_15141400.jpg

暑くなければ庭園をゆっくり見たかった。
爽やかに咲くフヨウ。癒されました。
b0178339_15152034.jpg

頂いた御朱印
ワタシは、御朱印が目的で宝物殿はサラッと見ようと思っていたので、
気もそぞろでした。おじさま、すみませんでしたm(_ _)m
その代わりオットがしっかり拝聴したと思います。
詳しい説明をありがとうございました。
b0178339_15341354.jpg


[PR]
by tama_ajisai | 2018-08-08 16:15 | おでかけ | Comments(0)