タグ:庭園 ( 110 ) タグの人気記事

昨日、山中湖の塚原邸のオープンガーデンに花友さんと行ってきました。
 萌木の村にも行ったのですが、明日も行くのでそちらのほうは後日upします。

去年よりもさらに充実したガーデンは見どころ満載!
見ごたえがありました。

フロントガーデン
山中湖の自然がそのままのような雰囲気・・大好きです。
b0178339_18010385.jpg

ガーデンに入ると、目の前に歴史を感じるパーゴラがあります。
苔むした地面と大きな寒河江・・いいですね~。
b0178339_18133495.jpg

パーゴラの下・・ベゴニアのコンテナと多肉の寄せ植えがありました。

b0178339_16575766.jpg

こちらのパーゴラは、ポールズヒマラヤンムスク?
満開の時、ここでひと休みしたら癒されるのでしょうね。
b0178339_18170748.jpg

どちらに行こうかな?
不思議の国のアリスの気分♪
b0178339_18213312.jpg

小道ごとにいろんな景色が広がります。
b0178339_17010637.jpg

ギボウシが素敵すぎ♪
b0178339_17071653.jpg

真紅のバラ・・・ロサモエシーゲラニューム
b0178339_17271256.jpg

何連にも連なるバラのアーチ
b0178339_17013670.jpg

手のひらサイズのクレマチス。
ひらひらと風に揺れる姿がエレガントでした。
b0178339_17054604.jpg

ブルーと白で統一された小道
ゲラニウムの大きいこと‼
b0178339_17074941.jpg

ニゲラ・・群生させたいね。

b0178339_17061659.jpg

テラスに絡む野バラ・・秋のローズヒップもきれいでしょうね。
いろんなところにガーゴイルがいて、ガーデンを守っています。
b0178339_17081910.jpg

オープンガーデンは金、土、日。10:30~16:00。7/3(日)まで。
山中湖平野にある6番入口・野鳥の小道から入ると
ポイントごとに看板があるのでわりと簡単に行けます。
これからが見頃のようです。
[PR]
by tama_ajisai | 2016-06-11 18:38 | おでかけ | Comments(2)

六義園

週末、tama_ajisaiは所用で上京していました。
用事が済んだあと時間があったので六義園に立ち寄りました。
  長年、東京に住んでいたというのに一度も行ったことがなかったのです。

b0178339_07441728.jpg

ここは、柳沢吉保が築園したという和歌の趣味を基調とした「回遊式竹山潜水」の
大名庭園だったそうです。
周辺の喧騒とは裏腹に、都心であることを忘れてしまいそうな景色が広がっていました。
b0178339_01083578.jpg

園内には数多くの種類のつつじが咲いていました。これからが見頃のようです。
ひときわ目を引いた八重霧島つつじ
b0178339_00362937.jpg

華やかな大山つつじ
b0178339_02070892.jpg

つつじ以外にも・・・

紫色の松の雌花
こんなに美しいとは思わなかった。
これまで見ていたのだろうけれど・・気が付かなかったのかなあ?
b0178339_00363577.jpg

写真が今ひとつですが、
池のほとりのシダの赤い新葉に思わず足を止めて見とれてしまいました。
b0178339_01264819.jpg

吹上茶屋でひと休み。
英語圏、中国語圏の人たちもここでは何も語らず景色を眺めていました。
 (というか、そんな気持ちになる場所でした。)
b0178339_07384510.jpg

久しぶりのお抹茶に心が和みます。
b0178339_01090500.jpg

ひと息ついたあとは標高35mの築山「富士見山」へ・・・
紀州にある同名の峠から名づけられたという藤代峠を登り切ると
眼下にこの景色が広がります。
柳沢吉保はここで四季折々の風景を眺めながら和歌を詠んだのでしょうか?
b0178339_00485060.jpg

園内には立派な枝ぶりのモミジがたくさんありました。
秋の紅葉は見ごたえがあるのでしょうね。
b0178339_07171609.jpg

時間の都合でショートカットして2時間ほどで巡ったのですが・・。
進むごとに景色が変わる趣のある庭園は飽きることなく、
見る人の心をひきつけてやまないのではないかと思いました。

日本庭園の美しさと奥の深さに感銘を受けたtama_ajisaiでした(^^v


[PR]
by tama_ajisai | 2016-04-25 07:50 | おでかけ | Comments(0)

山梨県立美術館のバラ

先日、ボランティアをしている山梨県立美術館のバラ園の
秋バラの開花状況を見てきました。

名前がいまひとつわからないのだけれど、
夏の花後の剪定が良かったので、今までになくバラがたくさん咲いていました。
b0178339_09123375.jpg

うどんこ病が入ってしまい葉が全部落ちてしまった「万葉」
秋になったら何事もなかったように元気に咲いてます。丈夫ですね。
b0178339_09122500.jpg

b0178339_09124133.jpg

これがバラ園・葉が少なくて遠めに見ると心もとないのですが、
よ~く見ると、ひと株ごとにバラは咲いているのですよ。
b0178339_09124725.jpg

私の好きなバラ
b0178339_09121741.jpg

そうそう美術館では、花の画家「ルドゥーテのバラ展」開催中です。
彼の描いたバラの絵が180点も展示されています。
まだ見てないけど見ごたえがありそうです。
(ちなみに11/20(金)は県民の日。山梨県民は入場無料です)
b0178339_09120632.jpg

美術館駐車場のイチョウ。
この日は青空・まぶしい限りでした。
b0178339_09210206.jpg


[PR]
by tama_ajisai | 2015-11-18 09:38 | おでかけ | Comments(0)

駆け足で鎌倉

tama_ajisaiは美術館のボランティアをしているのですが
先日は、県外研修で神奈川県の美術館2ヶ所巡って来ました。
 大型バス2台(総勢70名)!大人の遠足ですね(^^

まずは、神奈川県立近代美術館・葉山館
抜群のロケーションです。

ここで企画展の「若林奮 飛葉と振動」を鑑賞しました。
彫刻はよくわからないので『ま・いいか』って感じでしたが、常設展の絵画が見たかったなぁ。
b0178339_15174420.jpg

40分滞在後、鎌倉の昼食会場へ~
湘南ビーチ・・♪江ノ島が見えてきた~♪
b0178339_15175166.jpg

某ホテルで豪華な昼食をとったあと
鎌倉・小町通り近く、閑静な住宅街の中にある鏑木清方記念美術館へ。
こじんまりとした美術館でしたが、美しい日本画に癒されました。
b0178339_15180456.jpg

草花が好きだったという鏑木らしい庭園も風情があってよかったですよ。
↑のアプローチに咲いていたホトトギス
b0178339_15175716.jpg


美術鑑賞のあとは個人行動でプチ観光です。
90分という短時間だったので小町通りで買い物をして、
最後は鶴岡八幡宮へお参りというお決まりのコースを駆け足で廻りました。
b0178339_15181402.jpg

鶴岡八幡宮の階段を上る手前で
「回遊式庭園・公開中」とあったので入ってみたけれど、花も紅葉も人影もなくて・・。
とりあえず雰囲気だけササッと味わってきました。初夏はいいと思いますよ。
b0178339_15182276.jpg

さぁ!次はお参り!!・・と思ったら、集合時間15分前(@@
『行くべきか、やめるべきか』躊躇したけれど
最近、信心深くなったtama_ajisaiとしてはスルーできない!!

階段を駆け上がり→手を合わせ→駆け下りる(たった5分・汗だくの参拝)
転ばなくて良かったけど、ご利益があったかしら(^^;
b0178339_15182848.jpg


ということで
鎌倉はのんびり歩きたいものですね(^^)

[PR]
by tama_ajisai | 2015-10-17 16:36 | おでかけ | Comments(0)

三渓園に感動したtama_ajisaiでしたが
午後の視察地(っていうと、いかにも公費でお出かけって感じですね)は、
一度訪れたいと思っていた横浜イングリッシュガーデンです。

バラのアーチ:満開の時期は見事なのでしょうね。

b0178339_15290206.jpg

ここではチーフガーデナーの方によるガイドツアーつきでした。

  日本の庭園が人の目を意識する庭なら、
  イングリッシュガーデンは自分が楽しむための庭。とのこと。
  なるほど、ちょっとゴチャゴチャしてるなぁと思うけど・・これで良いのですね。

b0178339_15345219.jpg
  〈余談〉
    世界の園芸協会のトップは?という質問にチャールズ皇太子と答えてしまったtama_ajisai。
    そのあと、エリザベス女王と答えなおしたけどRHSJの会員としては超恥ずかしいよね~(^^;

ユーフォルビア、ベンチ、白くペイントされた潅木でホワイトガーデンを演出。
b0178339_15542790.jpg

潅木にはたくさんのサンキャッチャーがぶら下がっていました。
陽射しが強いときれいに輝くのでしょうね。
b0178339_15545028.jpg

ムクゲのようなバラ
b0178339_15281494.jpg

ベル型の可愛らしいクレマチス。
b0178339_15284276.jpg

↑のクレマチスの花柄、エイリアンのよう!?
b0178339_15283081.jpg

銅葉が効果的に植栽されていた。
銅葉好きとしてはこのシックな葉色たまりません。
これだけでイングリッシュガーデンて感じになるから不思議よね。
b0178339_15282150.jpg

秋バラに向けて元気なシュートがたくさん伸びていました。
1200品種もあるというバラが満開になったら、
その香りでバラ酔いするのではないかと思ったくらい、バラがたくさん植えてありました。
b0178339_15414223.jpg

今回の研修では和と洋、趣の違う庭を視察しましたが、
どちらでも黙々と手入れをなさっている人たちがいました。
何気ない植栽も人の手が入るだけで美しさが違ってきますね。

ということで、tama_ajisaiも花のボランティア頑張ろうと思いました(^^v


[PR]
by tama_ajisai | 2015-10-02 16:28 | おでかけ | Comments(2)

三渓園

今日から10月です。一年があっという間に過ぎてしまいそうだ~~

花のボランティアをしているtama_ajisaiは
昨日、市のまちづくり推進協議会が企画した
視察研修なるものに参加し、横浜方面に行ってまいりました。

午前中の目的地:三渓園
  ここは、横浜の実業家・原三渓氏の私庭だったそうです。
  (原氏は日本の芸術・文化に傾倒し、豊臣秀吉を崇拝していたとか・・)
  詳しくは三渓園のHPをご覧下さい。

     
【外宛】
   広~い大池から望む三重塔。
   まるで京都に来たような錯覚に陥りました。

b0178339_14212917.jpg

京都の西方寺にあったという医薬門
ここをくぐって内苑(原氏のプライベート空間や重要文化財がある)に入ります。

b0178339_14213685.jpg

【内苑】

 借景となる森林とその景観にうまく溶け込んだ庭園。
 その中にある京都や鎌倉などから移築した歴史的建造物の配置が絶妙です。

臨春閣:この建物から池越しに庭園の春を愛でたらしい。
    この写真では雰囲気が伝わりませんが清々しい造りです。

b0178339_14214271.jpg


聴秋閣:秋を感じる場所だったようですが、
    まるで銀閣寺のような風情ある建物と景観に感動!
    紅葉の季節はさぞや美しいことでしょうね。

b0178339_14215742.jpg

ボランティアさんによる詳しい説明を聞きながらの散策は勉強になりました。
 時間の制限があったので1時間で園内を廻りましたが、
 全てを語るには3時間くらい必要だそうですよ。

昔からそこにあったようなナチュラルな庭園に癒されました(^^
機会があれば、秋に訪問して三重塔にも登ってみたいと思いました。

b0178339_14220554.jpg

[PR]
by tama_ajisai | 2015-10-01 16:13 | おでかけ | Comments(2)

遊季庭 かわ嶋

御殿場で、お昼をどこで食べようかネットで検索して見つけたお蕎麦屋さん
住宅街の中にある遊季庭かわ嶋
  (お店の方にお断りしてブログにUPしました。)

駐車場から広い和風庭園のなかをのんびり歩いてお店へと進みます。
 庭園を流れるせせらぎ

b0178339_17063614.jpg

お店に到着~。 粋な店構え  
         
b0178339_17175630.jpg

店内は広いようでしたが、部屋ごとに仕切られていて静かでした。

通された部屋からも庭園が眺められます。
テーブル席が3つありましたが、この部屋には私たち夫婦一組だけ。
せせらぎの音と木々を渡る風が心地よいくつろぎの空間。

     「ご入店は中学生より」とありましたが、
      確かに、この雰囲気にお子さまの賑やかさはno thank youですね。

b0178339_17015186.jpg

野菜天せいろをいただきました。おそば美味しかったです。
          (欲を言えば、もう少し冷たいお水でしめて欲しかったかも・・)
b0178339_17153452.jpg

お店の玄関を出たところでパチリ!紅葉の時期はきれいだろうなぁ。
風情のある素晴らしい庭園でした。

b0178339_16224900.jpg




[PR]
by tama_ajisai | 2015-09-11 00:03 | おでかけ | Comments(0)

東山旧岸邸・とらや工房

秩父宮記念公園の近くにある
旧東山岸邸と同じ敷地にあるとらや工房にも立ち寄りました。

ここが旧岸邸と、とらや工房の入り口
美しい竹林とわらぶきの門・ホッとします。  
b0178339_14490736.jpg

まずは東山旧岸邸
岸元総理大臣の自邸が一般公開されているのです。

ボランティアさんが説明をしてくださるというのでお願いしました。
館内の撮影はOK。

茶室から眺める庭
建築家のこだわりが随所に見られる美しい茶室と
苔むした趣のある庭。萩が咲き始めていました。
b0178339_14355928.jpg

ボランティアさんの説明そっちのけで撮った
美しい杉苔・うっとりです(^^
b0178339_14341748.jpg

岸元総理大臣が座ったというソファ。
見学者も座ることができます。
b0178339_15211194.jpg

そのソファから眺める広い庭。
中央に小川があります。
b0178339_15005756.jpg

12人が座れる広~いダイニングルームから見るとこんな感じ
b0178339_14534809.jpg

ダイニングルームから庭へ出ることができます。
庭から建物を撮影:右側が↑のダイニングルーム
b0178339_14343326.jpg

文化勲章を受賞された吉田五十八氏による美しい建物と
自然たっぷりの広い庭園・・・豊かな気分になりました。

とらや工房
とりあえず『行ってきました』的な写真
カメラの充電が切れてしまったので、ここでおしまい。
       あんみつをいただきました。お代わり自由のお茶も美味しかったです♪
b0178339_14403060.jpg



[PR]
by tama_ajisai | 2015-09-10 15:50 | おでかけ | Comments(2)

秩父宮記念公園

御殿場に用事があって出かけ折、気になっていた庭園を見てきました。

まずは秩父宮記念公園
ここは戦中戦後秩、父宮殿下が療養のため移住されたところ。
正門のはるか彼方、ヒノキの森を抜けた先にお屋敷や庭園があります。

b0178339_14462243.jpg

ヒノキ林の中には山野草がたくさんありました。
秩父宮殿下も昭和天皇と同じく自然を愛されていたのでしょうね。

初めて見るホウチャクソウの実。
b0178339_14174915.jpg

タマアジサイ
b0178339_14180010.jpg

敷地の奥のモミジ園・・秋の紅葉はみごとだろうと思う。
御殿場の地形を生かした庭園は緑が深くマイナスイオンたっぷりです。
b0178339_15032607.jpg

母屋わきの枝垂桜と足元に群生しているのは・・

b0178339_14181860.jpg

1mもあるシュウカイドウ・・ピンクと白
こぼれダネで敷地のあちこちに散在していてきれいでした。
b0178339_14182417.jpg

当時の車庫の脇にもシュウカイドウ
板塀にくくりつけられたはしご・・昭和を感じます。

b0178339_14523943.jpg

公園なので、マリーゴールドやシュウメイギクなど季節の草花が植え込んでありましたが
山野草が豊富なので、色鮮やかな草花はなくてもいいような気がしました。

b0178339_15344763.jpg
建物の中は一般公開されていて入場無料。
当時の面影の残る母屋はなかなか良かったですよ。

おっといけない敬意を表して、庭内にある登山服姿の秩父宮殿下の銅像
富士山に向かって設置されています。(この日は曇りだったので富士山は見えません)
b0178339_15523321.jpg

訪れる人が少なくてとっても静かでした。
休憩所もあってのんびりできますよ(^^



[PR]
by tama_ajisai | 2015-09-07 16:05 | おでかけ | Comments(0)

白馬コルチナイングリッシュガーデンは
2013年にオープンしたばかりなので、植栽した植物の
背丈が低く、造園したてって感じでちょっと物足りなかった。

あと3年くらいたてば自然に溶け込んだ良いガーデンに
なるのではないかと思いました。

遠めに見るとこんな感じで、近くでじっくり見ないと
良さがわからないかも?
b0178339_16122512.jpg

高原ならではの強い陽射しが花色をより鮮やかにしていました。

ルドベキアかな
b0178339_10145283.jpg

せせらぎのそばで咲いていた小花。キラキラ輝いていました。
b0178339_17435247.jpg

赤と赤のロケーションも許せる。
b0178339_15413118.jpg

暑くなければ、もう一周したいと思いました。
それにしても暑かった~

[PR]
by tama_ajisai | 2015-08-04 17:54 | おでかけ | Comments(0)